新宿調理師専門学校

特別料理

特別料理

  • 製菓
  • カクテル
  • 寿司
  • コーヒー
  • マナー
  • ワイン
高校生の方へ 短/大学生・社会人の方へ 保護者の方へ 卒業生の方へ 企業の方へ
資料請求 体験入学
LINE@START

ステップアップカリキュラム

調理師になるために必要な日本・西洋・中国料理の基礎技術にとどまらず製菓・カクテル・コーヒー・マナーなどバラエティに富んだ授業も行っています。
新しい世界を知ることで自分自身の「食」のフィールドがどんどん広がっていきます。

製菓

卵、薄力粉、バター…まずは素材にこだわる重要さを知ってください。さらに大切なのは、製菓の面白さを実感すること。それは最後の仕上げの部分です。どんな飾りにするのか、まさに一人ひとりのセンスが試されるときです。授業では、思いきり自分自身の感性を発揮してください。
製菓の授業風景1 製菓の授業風景2

ページトップへ戻る


カクテル

飲料や複数のお酒を混ぜてつくる飲み物をカクテルといいます。カウンターをはさんで、お客様の目の前でつくることが多いため、味はもちろんのこと、つくるプロセスも楽しんでいただくことが大切だといえます。用語やつくり方を学び、基本的なカクテルがつくれるようになったら、オリジナルのカクテルづくりにチャレンジしてみましょう。
カクテルの授業風景1 カクテルの授業風景2

ページトップへ戻る


鮨は日本の伝統的な食であるとともに、素晴らしい魅力と可能性を秘めた調理法。たとえば巻き方を工夫することで、巻き物の切り口に様々な模様をつくり、お客様を楽しませるエンターテインメントにもなりえます。日本を代表する食文化として国外でも人気の鮨は、海外をステージに活躍したい人にも合っているといえるでしょう。
寿司の授業風景1 寿司の授業風景2

ページトップへ戻る


コーヒー

今やコーヒーはレストラン自体の評価に影響を与えるほど大切な要素になっているのです。授業ではコーヒーの種類を知ることから始めます。豆の種類、煎り方によって味も香りもさまざま。そして実際に自分たちでいれてみることで、本格的なコーヒーを身近に感じてもらいます。
コーヒーの授業風景1 コーヒーの授業風景2

ページトップへ戻る


マナー

調理場で働いていると自分でつくった料理がどのようにお客様のもとに届くのか分からないものです。調理場の外の状況を把握しておくことは、そのレストラン全体の連携の良さにつながり、結果としてお客様にも満足していただけるのです。また、授業ではサービスを受ける側も体験して、ナイフやフォークの使い方なども学んでいきます。
マナーの授業風景1 マナーの授業風景2

ページトップへ戻る


ワイン

魚料理には白ワイン、肉料理には赤ワイン。一概には言いきれませんが、これは食材とワインの基本的な相性。料理とワインは関わりが深く、相性を知っておくことで料理の味をより引き立たせることができます。授業ではワインの種類や味について知識を深めるととともに、相性がいいチーズや、お客様へのサービスなどについても学習します。
ワインの授業風景1 ワインの授業風景2

ページトップへ戻る


茶道・華道

客人に茶をふるまうことを総合芸術にまで高めた茶道。四季折々の草花や木を花器に挿し、その美しさや生命の尊さを観賞する華道。そうした日本文化の精神と知識を学ぶことは、調理師としての感性や教養、人間性を高める上で大いに役立ちます。授業では挨拶の作法などの基礎的な知識から学び、茶道・華道の奥深い世界への扉を開きます。
茶道の授業風景1 茶道の授業風景2

ページトップへ戻る



TOPへ
学校法人新宿学園/新宿調理師専門学校
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-5-3 電話(03)3342-0631(代表) mail:info@shincho.ac.jp